KODA祭2日目最終日……有終の美を飾る…

訪れた最終日、、、そして感動のフィナーレ!


ついにこの日がやってきてしまいました。どうもうりぼうです。

確かに、僕たちKODA委員はこの日のために時間をかけて準備を重ねてきました。

しかし、それでも、僕たちの心の中には確かに、この日を迎えたくないまだまだKODA委員を続けていたいという自分がいました。

KODAIRA祭最終日。ここに開幕です。

 

 

2日目の企画で一番の盛り上がりを見せたのは、、、ミスターフレッシュマンコンテスト!

一橋1年男子ナンバーワンのイケメンを決めるこの企画は以前このブログでも前編後編に分けて紹介しました!(ちゃっかり自分の記事を紹介していくスタイル(*^^)v)

みんな記事読んで知ってると思うけど、、、(脅迫)

一応、五人をもう一度紹介しておきましょう!

 

 

エントリーナンバー1 冬野 廉人!

特技披露では自慢の歌声を響かせた正統派イケメン!恋愛相談室での解答も参考にさせていただきます!(笑)

 


 

エントリーナンバー2 熊坂 拓海!

ファイナリスト最高身長を誇る高身長モデル体型の体育会系イケメン!弾き語りめっちゃカッコよかった!

 


 

エントリーナンバー3 ペドロ!

留学生から唯一残ったファイナリスト!その日本愛は5人の中でも人一倍!歌唱力抜群だし日本語もめっちゃうまかった!!!

 


 

エントリーナンバー4 田畑 修太朗!

鹿児島出身・なまり上等・地元ラブの優男風イケメン!その圧倒的な画力には僕たちも助けられました!

 


 

エントリーナンバー5 豊田 雅樹!

個人的に顔は一番好き!(別に告白じゃないよ笑) 恋愛相談室での受け答え、個人的には一番面白かった!

 


 

うまいことフレッシュマン企画が休憩中に行われてたから観に行ったんだけど、、、どの企画もフレッシュマン達とステ企委員の頑張りでめっちゃ盛り上がってた!!!

果たして優勝は誰になるのか、、、フィナーレで発表された結果は記事後半で紹介します!

 


 

15時半に本祭が終わってからはどの模擬店もお片付けタイム!(笑)

余った商品の投げ売りが始まったり、見事完売を達成して喜び合っているクラスがあったり、いろんな雰囲気が味わえるこの時間は割と一番学祭感が出てて好きだったかもしれない(笑)

 

KODA委員も最後の力を振り絞って撤収作業を開始!KODA祭の象徴ともいえる門の撤収が完了したときは、これでKODA祭も終わりかと思わされて感慨深かったなぁ(笑)

 




 

さて、いよいよ企画紹介も最後になりました、、、

最後に紹介するのは、、、フィナーレ!

この企画では、模擬店コンテストやミスターフレッシュマン、新歓期総合優勝のクラスなどが発表されました!

 

 

まず発表されたのは、、、模擬店コンテスト!

来場者の皆様の投票で順位が決まりました!投票してくださった皆様ありがとうございました!

そして気になる順位は、、、

味部門、商品の見た目部門1位 25クラ 『一口ギョーザ』

装飾部門1位 21クラ 『わらびもち屋聖護院一ツ橋』

となりました!

 


 

個人的には三つとも結果には納得かなぁ(笑)

25クラのギョーザは味・ボリューム・コスパの三拍子そろった逸品で本祭期間中何度もお世話になりました!学祭の餃子にありがちな皮が破れているといったこともなく、見た目も中身も抜群でした!

21クラのわらび餅は装飾がガチ!(笑)

簡素なはずのテントが江戸時代の喫茶屋風になってたし、接客の衣装も半纏?で統一されてたし、、、正直言って圧倒的でした!

見事受賞した2組の皆さん、おめでとうございます!

 

 

さて、次に発表されたのはミスターフレッシュマン!

ネット投票及び来場者からの投票で最も票をかき集め、栄えある第一位に輝いたのは、、、

エントリーナンバー1 冬野 廉人!

 

 

正直ね、フレッシュマンにはだれがなっても納得できた(笑)

みんなそれぞれ違う良さがあって、みんな本番のために頑張ってて、、、

結果としてフレッシュマン企画は大成功だと思います!

ファイナリストの5人は本当にお疲れ様!

優勝した冬野君は本当におめでとう!

 

 

最後に発表されたのは、新歓期の総合優勝クラス!

クラチャン、スポ大、KODA祭の模擬店成果を合計して、新歓期最も良い結果を出したクラスには賞金として10万円が支給されます!

そして見事総合優勝の座を勝ち取ったのは、、、

14クラ!

 


 

見事総合優勝を勝ち取った14クラの皆さん、おめでとうございます!

10万円の使い道は何になるんでしょう、、、非常に楽しみですね!(べ、べつに嫉妬なんてしてないんだからねっ)

 


 

以上で企画の紹介は終わりです!

いかがでしたでしょう?前回の記事と合わせてKODAIRA祭の熱気は無事伝わったでしょうか?

2日間の熱気は伝わったかもしれません、、、しかし、KODA委員の祭はまだ終わっていないのです、、、

 

 

皆が帰宅した20時過ぎ、撤収作業が終わって東二号館前に集められたKODA委員に下された指令は、、、

東プラザ二階へ走れぇぇぇぇぇ!!!!!

 

全力で階段を上り切った僕たちを迎えたのは、一列に並んだ先輩たちからのハイタッチの嵐。

その後上映されたビデオでは、先輩たちから僕たちへ熱いメッセージが送られていました。

ビデオが終わり、光が戻ると、そこには号泣する先輩たちの姿が、、、

KODAIRA祭を作り上げるためにここまで必死になれる人たちと一緒に祭を作り上げられた。そのことを、本気で嬉しく思った一瞬でした。

 

委員長の一言や記念撮影を終えた後は、パート別で集まり思いのたけをそれぞれ伝える時間、、、

KODA祭委員になれて良かった、広報パートになれて良かったと強く思うことができました。

きっと他パートの人もそうだったんだろうな、、、なんて数日前の出来事を振り返ってみながら、今回の記事はここで終わろうと思います。

 

直上含めたKODA委員の皆さん、みんなと一緒に仕事ができて本当に最高だった!

ありがとう!そしてこれからもよろしく!

 

第21回KODAIRA祭 ここに閉幕です。

この投稿をシェアする