完全自主制作映画を上映!?謎に包まれた映創会を徹底取材

映創会ってなに??


どーもー。KSGです。

みなさんいかかがお過ごしでしょうか。六月に入り何かと新生活の疲れがたまる時期だとは思いますが、まさかみなさん風邪などひいていないでしょうねえ。

うっ...実は風邪ですという方、わかりますわかります、KODA祭が楽しみすぎて夜も眠れなかったんですよね。いやいや、体調完璧!という方、わかりますわかります、KODA祭に向けてしっかり体調管理してくれているんですよね。

風邪を引いているかたは早急に体調を整えて下さいね!

なぜなら三日後はKODA祭ですからねっ!!!


さて!本題に入りましょう。(いつもながら強引)

突然ですがみなさん映画を見たことはありますか?おそらく全員がYESと答えるはずです。

では、みなさんは映画をつくったことはありますか?おそらくほとんどの人の答えはNOでしょう。

僕も映画好きだしたくさん見るけど、つくったことは勿論ありません。

ある日、一橋の映創会がKODA祭で自主制作映画を上映するらしいという情報を仕入れ

制作するってどういうこと??、そんなこと学生だけで出来るの??、てかそもそも映創会って何??と思い今回の取材にいたりました!

 

映創会に関するいろいろな話がきけました。あ、今回記事はインタビュー形式です!

 

ででん!取材の様子↓



取材班(以下し宜しくお願いします!

 

 映創会部長(以下ぶ)お願いします。

 

 (coolだな)

 

し まずは映創会の普段の活動内容を教えてください!

 

 部室にスクリーンとプロジェクターが置いてあり24時間映画が鑑賞できるので好きに映画をみたりしてます。あとは映画を作る機材も揃っているので映画を制作したりしていますね

 

 24時間!すごいです。KODA祭では自主制作映画を上映するそうですね!5~10分のショートムービーを4本上映予定とのことですが...

 

 その通りです

 

 それは完全に学生だけで制作しているのですか・・・?

 

 そうですね。一から十まで学生だけで制作しています。特にKODA祭に出す作品のうち2つは新入生が中心となって行う新歓制作と呼ばれるもので新入生が脚本からカット割り、撮影、録音まで自分達で全部やるんです。もちろん監督も一年生です。

 

 なるほど。4作品のうち2つは一年生主体(新歓制作)、2つは上級生主体なんですね。

 

 新歓制作の映画の長さ、制作期間はどれくらいですか?

 

 5分くらいの映像で製作期間は1カ月くらいですね。

 

 映画完成までの流れを教えてください!! 

 

 映創会の場合まず監督がどういう映画をつくりたいか考えてキャスティングして役者スタッフを集めて撮影して編集して公開という感じですね

 

  映創会のなかで役割はキチンと別れているんですか?例えばカメラ、音声、照明とか..

 

 いえ、役割が完全に細分化されているわけではなくみんなが何役もこなせるようにという感じです。

 

  10分の映画もあるということですが、10分って相当長いですよね(笑)一本の映画を撮るのにどれくらいかかるんですか?

 

 長いですね(笑)たとえば一分の長回しのセリフがあるときは一分のシーンを撮るのに前後の準備、NGとか含めると撮影だけで15分くらいかかりますからね。10分撮るのに撮影だけで10×15で150分。準備や移動、編集とかも合わせると10分の映画を撮るのに最低でも24時間以上かかりますね。

 

 ほえー。

 

 映画をつくる上で一番苦労するポイントはどこですか?

 

 やっぱり、スケジュールですね。ワンシーンを撮影するのに少なくともスタッフが5人ほど必要なんですけど撮影する日程を決めるのが大変です。

 

 逆に一番楽しいことも教えてください!!

 

 自分が撮りたいって思っていたものが現実の映像として記録できるところですね。大変ですけどね(笑)例えば海沿いで二人が歩いていて・・・という映像を撮りたいとき頭で考えるのは簡単だけどそこまでものすごい労力がかかるんです。その分それを実現できて人に見てもらったときにはすごくやりがいを感じます。

 

 ちなみに今回の撮影場所は・・・

 

 全部学内です(笑)。なんですけど学内を学内に見せないように工夫して撮りましたよ。

 

 過去に撮影のため遠出したことは?

 

 毎年夏に山梨とかの山奥でコテージを借り切って撮影したりしますよ!

 

 夏合宿があるんですね!

 

し ここで!今回のKODA祭で上映される映画の内容をおおまかに教えてください!!

 

 じゃあ新歓制作(一年生主体)の内容を少し・・・

①社会の中で生きづらさを感じている女の子の話。女の子の語りとともに話が展開していく

➁トイレットペーパーの芯をめぐって男三人が心理戦を繰り広げる

 という感じです。

 

 ん???????トイレットペーパーの「芯」ですか・・・ちょっと意味がわからないっす(笑)その芯にはなにかしらの魔力が詰まってたりとかそういうことですか?

 

 詰まっているかもしれないし、詰まっていないかもしれない。僕もよくわからないです(笑)

 

 なんかすごくシュールな光景ですねトイレットペーパーの芯をめぐる男の心理戦って。

 

 ですね。でも見ている人に想像する余地を与えるという意味ではおもしろいですよね。

 

 確かに!ではズバリ①の見どころはどこですか??

 

 女の子がきれい(笑)

 

 ははは!

 

 女の子は本当にきれい(2回目)。ここですね。

 

 (鼻の下を伸ばしながら絶対みようと思う僕でした。)

 最後になりますが、部長さんにとって映画制作とは!?

 

ぶ 青春のなかで一番最後にできる思い出作り、といったら陳腐ですけど、青春の生き方を閉じ込める作業ですかね。

 

 (かっけー)なるほど。今日は本当にありがとうございました!!

 


いかかがだったでしょうか!映創会について少しは知ってもらえたんじゃないかと思います。部長の熱い思いもきけたし有意義だったなあ。(個人的にはトイレットペーパーの芯をめぐる攻防がどう展開されるのかとても気になります。)

 

上映場所は東一号館二階1209教室です!

みなさん、KODA祭当日は映画を観に映創会を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

KODAIRA祭まであと3日!!!

この投稿をシェアする