会場整備パート

最大最強、KODAIRA祭の大黒柱


お久しぶりです。99です。

 

KODAIRA祭本番まで30日をきったことだし、今日からはブログも当日の企画の紹介がメインになるかな~とか、思いました?

まだ紹介してないパートがあることを忘れてませんか?

 

 

そう、今日紹介するのは

 

最大勢力 会場整備パート

 

 

 

 

1年生40人、2年生5人という圧倒的な人数を誇る、でも目立たない…?

そんな縁の下の力持ち、会場整備パートを徹底解剖しちゃいます!!

 

 

①会場整備パートのお仕事って?

 

その名の通り、お祭りのための会場をつくります。

 

ときには備品を運び

 

ときには大掛かりな装飾品を組み立てる

 

大きな看板を立てることもあれば

 

ハンマーとのこぎり片手に角材と格闘していたり……

 

とにかく力仕事、裏方仕事がメインなんです

だからこその「縁の下の力持ち」

 

でもね、一見損な役回りに見えるかもしれないですけど大掛かりなものほど完成した時の感動はひとしおなんです

 

その証拠にほら、この笑顔°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

 

 

さてさて

 

じゃあ当日何するの?ずっと備品運んでるの?

それじゃ本当に裏方じゃん…

 

というように疑問に思う方もいるかもしれません。

 

しかし、KODAIRA祭当日こそが会場整備パートの真の見せ場

 

②当日のお仕事について

この記事を読んでくれている方の中には、当日来場してくださる方もいると思います。

 

当日トランシーバーをもって会場を見回っている委員がいたら、その人こそが会場整備パートです。

 

そしてステージのまわりで観客のみなさまの安全を確保している委員、その人もまた会場整備パートです。

 

 

そうです。

 

 

会場整備パート無しに

KODAIRA祭当日の安全な運営は成り立たないのです!!

 

 

ついに本領発揮ですね。

まさしく大黒柱。

 

そんな、KODAIRA祭の安全を裏から支えてくれている会場整備パートに今後もご注目を♪

 

 

 

 

 

 

 

KODAIRA祭まで

 

残すところあと29日です!!

 

 

この投稿をシェアする